春、さわやかな季節になりました。
この冬のあいだもずいぶん結露に悩まされました。
窓ガラスがびしょぬれだったり部屋の壁が黒ずんだり、どう考えても体に良くないことはわかります。
この時期、結露とはもう頻繁に出会わなくなり、そのことを忘れてしまいそうです。
汚れた壁をキレイに拭きながら、今のうちにおさらいと対策を考えるのも良いかもしれません。

そもそも、なぜ結露は起こるのでしょう?

結露の目安は湿度・温度

結露は、「水蒸気を含んだ空気が冷やされて」発生します。といっても…

まず、同じ空気の量に含まれる、というより「含むことができる」水蒸気の量(難しくは飽和水蒸気量といいます)は温度が高いほど多くなります。

同じ空間の容積でもその温度によって許容できる水分の量が変わるということです。

冬のような10℃しかない気温の部屋と、春の20℃の気温の部屋で、それぞれパンパンに水蒸気が溶け込んで湿度が100%を示すとしましょう。

目には見えませんが、たとえば10℃の部屋はコップ1杯分、20℃の部屋はコップ2杯分が入っている(溶け込んでいる?)ことになります。
10℃違えばおよそ倍近くの量の差になるんです。

なので20℃の部屋が10℃に下がったら…そうです。コップ1杯分の水蒸気がが空気中にのこっていられなくなって姿を現すんです。

それが結露です。

気温は少しずつ下がりながら、我慢できなくなった水蒸気たちは気温より低いところをみつけて水滴に変身します。

冷えやすい場所の代表は外気と隣り合わせの窓ガラス。
それ以外にも窓のサッシ部分・玄関、ベッドやタンスの裏、クローゼット・押入れetc…

温度差が出やすい場所は実は空気の流れが少なかったりもします。

からだにもお家にもよくない

結露が起こる環境が続いているとその水分がもとでカビの発生が気になります。
ふつう水で濡らしたりしないところが勝手にジメジメするわけですから。
いちどカビが発生すると水と養分がある限り消えてくれません。

そのうえカビを好きなダニたちも。さらにそれを食する小さな生き物まで…ミクロな野生の世界が展開します。
この死骸やフン、カビそのものを吸いこむことで人体に悪い影響を与えます。

湿気はお家の見た目だけでなく、やがて大切な構造部分にも影響します。
結露はただの水滴にとどまらず、からだにもお家にもよくないのは明らかです。

水蒸気を減らそう

空気中の水蒸気を増やさないこと、まずは水蒸気の発生源から。

・浴室 
 パッと開けて風を通したい気持ちも分かりますが、ドアをちゃんと閉めて換気扇を動かしましょう。

・洗濯物の室内干し
 できれば外に干したいところです。やむを得ず室内干しは除湿器を使うなどしましょう。
 サーキュレーターなどを使って早く乾かし、換気するのも良いです。

・ファンヒーターやストーブ
 実は灯油やガスは空気中の酸素を使って燃焼して二酸化炭素と水(水蒸気)を発生させます。ガスコンロからも出ます。
 換気してください、とあるのは二酸化炭素と水、両方の意味があるんです。
 ちなみに電気ストーブやセラミックヒーターは水蒸気を発生させません。

・水槽
 観賞魚の水槽があればフタをしてください。特に熱帯魚などヒーターをつけているときは必須です。

発生源を極力少なくおさえ、つぎに換気を。空気の流れを効率よく。
そして室温をうまくコントロールして湿度が上がらないように気をつけます。

まとめ

結露は、戸別の環境によってかなり発生の度合いが異なりますし、完全に防ぐことはできないかもしれません。
しかし、原因を把握して日々気を付けて対策を続けることで、軽減できるところがあるでしょう。
換気や除湿については設備をリフォームすることでも何等かの対応ができるかもしれません。