近頃の中古売物件は「リフォーム済み」のところが増えてきました。
理由はやはりキレイであることが売りやすい(購入者が興味を抱きやすい)からと思われます。

特にフルリフォームされた物件は外観はともかく一歩中に踏み入れればそれは新築物件となんら変わりなく、そこで生活する様々なシーンを容易に想像できるのが魅力です。

そういった物件は仕入れ→リフォーム工事→販売という過程の中で様々な経費がかかっており、それが価格に反映されています。また、売主が課税業者であれば当然、建物価格相当分(そのリフォーム工事にかけた費用分を含む)に消費税がかかります。(※多くは税込み表示されています。)

以前というか昔?は買取→再販物件といえば、かなり安く仕入れて少し手を加えて、一般的な流通価格と比べて少しだけ高いか、または同じくらいの価格のところもありました。
リフォームしても上乗せ分が評価されにくかったのと、工事代金が今より安かったこと、工事内容は必要最小限という感じですね。

フォーム済み物件

  • ズバリ現物が見られる ひとことで言うと「わかりやすい」 ただし好みかどうかは別としてですが
  • 最新の流行を取り入れていることが多い  自分では思いつかなかった仕様やカラーが表現されている
  • 価格がはっきりしている 必要な費用が計算しやすい、予算が立てやすい
  • 決済後、すぐにでも入居可能

リフォーム前の中古物件

  • まず、キレイではない場合が多い 使用感が出ていることが「中古であること」を実感させられる  
  • 出来上がりの状態がわかりづらい しかし、好みのテイストに仕上げていくことは可能
  • 物件購入価格自体は低くなるが、その後のリフォーム工事でトータルいくらかかるかその場で予算が立てにくい
  • 物件引渡し後リフォーム工事の期間を経てようやく入居可能

主だったところで以上のような差がありますが、あなたはどちらを選択しますか?
リフォーム済み物件にはいいところもたくさんありますが、やっぱり好みの仕上げにしたい、あるいは予算にあわせた仕様にしたい、そんな方もいらっしゃるでしょう。

リフォーム前の物件を検討する場合、つけられるもの・仕様変更できることできないこと、購入前に知っておきたいものです。
(具体的に)間取りの変更 キッチンや洗面・浴室など水回り 電気・ガスの設備 など… 
リフォーム現場での経験豊富なスタッフのアドバイスがあるといいですね。

お客様ご自身がプロデュース、もちろん腕に自信のある方はご自身でリフォームを手掛けることも可能です。