ハザードマップとは

毎年日本中どこかで起こる自然災害。
一般的に災害への備えとしてはモノや食料の備蓄だけにとどまらず、実際起こりうる災害リスクを事前に把握していると良いかもしれません。
そのために活用される資料が「ハザードマップ」。
ハザードマップは過去の災害データや予測をもとに想定される被害がまとめられたものが各自治体から公開されています。

・ハザードマップの種類

  • 洪水ハザードマップ
  • 内水ハザードマップ
  • ため池ハザードマップ
  • 高潮ハザードマップ
  • 津波ハザードマップ
  • 土砂災害ハザードマップ
  • 火山ハザードマップ

…ざっと並べただけでもこんなにあるんですね。

不動産取引においても「水害」(洪水、雨水出水、高潮)に関して、
この「ハザードマップにおける宅地・建物の所在地」の記載状況が重要事項説明に追加されました。

淀川区で配布のハザードマップ

ハザードマップの使い方

災害が起こってからの対処方法も事前に知識として入っているかどうかによってかなり違ってきます。

同じ地区でも場所によって被害想定がかなり異なることも。
たとえば洪水が起こったときの浸水エリアを見たときに、ふだん気づかない高低差が浸水深さの表示によってわかります。
これで万が一避難しなければならない時に行ってはいけない方向や通れるルートがあらかじめ予測できるのです。

また、マップは河川ごとに作られていますので、複数の川が近くを流れている場合はそれぞれ見ておきましょう。

スマートフォンなどでもハザードマップの確認はできますが、災害時は電波や電力の確保が厳しくなる可能性もありますので、プリントアウトして防災リュックなどにあらかじめ入れておくのもよいかもしれません。

ただ一番大切なのはハザードマップを持っておくことだけではありません。
ご家族全員でハザードマップを見ながら「どの災害の時はどう行動する(予定)」かをあらかじめ話し合っておくことです。

日中お仕事に行かれる方は仕事先のハザードマップもあわせて確認し「こういう災害の時はこう行動する(予定)」ということを事前に打ち合わせするための資料として使うことがとても大切だと思います。

地域によりますが意外だったのは「ため池」の損壊による浸水です。
校区をまたいでバス釣りに行く子供ぐらいしか、ため池の存在を普段から意識している人は多くなさそうです。
川や海は意識しているものですが、少し距離の離れたところにあるため池でも、規模によっては思った以上に浸水被害が広範囲に及ぶようです。

ハザードマップはホントに役に立つの?

淀川堤防(十三付近)にて

あくまでも一定条件下での「想定」に基づく資料ですので、必ずハザードマップと実際の被害が寸分違わず一致するわけではないため、突発的な災害でない限りは早めの避難が原則ではあります。

しかし情報が随時追加・更新されていくため年々その精度は増しており、特に「洪水」「内水」「高潮」のハザードマップに関しては想定と被害状況が概ね一致するというほどの精度になりつつあります。

「災害時に豪雨で防災無線が聞こえない」「停電でテレビやネットから情報を取れない」などの際には、紙媒体のハザードマップを見ながら起こり得る災害状況を予測して行動することが求められるのではないでしょうか。

ハザードマップの存在は具体的に災害の影響を視覚化することで市民ひとりひとりの「防災意識の向上」という役目も大きいのではないかと思います。

まとめ

地域によって作成されるハザードマップの種類は違ってきます。
ハザードマップは自治会等で配布されることもありますが、順次追加・更新されている最新のものがインターネットでいつでも確認できます。

日本全国のハザードマップ上で何も色のついていない場所は実際かなり少ない(大阪市なら大阪城くらい…)ので、物件探しなどの際も「全く災害のない場所を選んで…」というよりも、それぞれの場所のリスクをあらかじめ確認しておきましょう、という話になります。

普通に生活しているだけでは不動産取引などは滅多にないことですし、ハザードマップを目の前に提示されるような場面にはなかなか出会いません。

ですから、あなた自身で今お住まいのところや引越し先の地域のハザードマップを全て確認してみてくださいね。

ハザードマップポータルサイト