御堂筋線ホームドアの路線案内には早くも延伸部の標記が隠れています

家を探すとき、「〇〇線〇〇駅 徒歩〇分」という条件から入る方も多いと思います。

北大阪急行の千里中央以北の延伸、関空アクセスの向上のためのなにわ筋線着工やうめきた新駅、大阪モノレールの門真以南延伸などのニュースがある一方、人口減少やコロナ禍での利用客減少を受けて、あちこちの路線でダイヤ見直しごとに列車の本数が減っています。

春はJRや多くの私鉄各社がダイヤ変更を行う時期です。
ダイヤ変更で本数が増えたり、ますます便利に…というのは昔の話になりました。

減便といえば、都市から遠く離れた末端部やローカル線についてはもちろん、最近は都市部や近郊路線も対象です。
いまご利用の路線はどうでしょうか?

大々的に見出しに表わされる内容だけではなく、実際中身をよく見るとステルス的に減便が進んでいたりします。
むしろ普段使いの身近なところで以前より不便を感じることがあったらそうなのかもしれません。

たとえば
・急行・速達便系統の格下げで停車駅見直しや区間短縮されて実質本数が減った
・災害による復旧のための一時的なはずだった減便がそのまま減便で残ってしまった
・乗車することが少なくなり、気づきにくい深夜時間帯の変化

路線によっては本当に使いやすいダイヤが組まれているかが微妙なところもあって、将来へ向けて調整が落ち着くまで過渡期にあるのではないかと思います。

移動は主に電車を利用される方、物件探しの際は駅からの距離・時間だけでなく、利用する電車の列車ダイヤもみておいたほうが良いかもしれません。